用語

BCPをわかりやすく解説

BCPとは?

BCPとは?

Business Continuity Planningの略称です。

直訳すると「業務継続契約」と言い、災害などの緊急事態における自治体等の業務を継続するための計画のことを指します。

BCPの目的は?

BCPの目的は自然災害など危機的な状況に直面した際に、損害等の不利益を最小限に抑え、重要な業務を継続して行うことにあります。

昨今では、東日本大震災(2011年)、新型コロナウイルス感染拡大(2020,2021年)をきっかけに重要性が再認識されています。

どういった場合に機能不全になるのか?

BCPで定める緊急時の優先順位やそもそもBCPの存在や内容が内部で共有されていなかった場合、緊急時に機能不全に陥る場合もあります。

実際、現場レベルでの混乱は、こういった「事前の準備不足」に起因することが多くあります。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5