行政

SIB(ソーシャルインパクトボンド)をわかりやすく解説

SIB(ソーシャルインパクトボンド)とは?

SIB(ソーシャルインパクトボンド)とは、民間資金を活用して事業実施を行い、事業成果を支払の原資とすることを目指すもののことです。

行政コスト削減等の社会的インパクト(ソーシャルインパクト)を原資としていることから、このようなネーミングになっています。

2010年にイギリスで始まりました。

PFS(成果連動型民間委託契約方式)の仕組みに似ていますが、異なる点は、民間が自己資金を投入して実施することが難しいサービスに対して、事前資金を投資家や企業をはじめとする様々な資金提供者から出資してもらうことが特徴です。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5