行政

オープンデータをわかりやすく解説

オープンデータとは?

オープンデータとは、二次利用が可能な公開データのことです。

誰もがルールの中で、自由に複製・加工ができるデータを言います。

公共のデータを一般に公開し、シェアすることで、住民、民間企業などが利用し、社会の発展に寄与することなどが目的としてあります。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5