コラム

ハンカチ王子がハンカチビジネスで天下を取ることは可能か?!

プロスポーツ選手のセカンドキャリアは難しい

ハンカチ王子こと斎藤佑樹氏がプロ野球を引退し、テレビ出演等活動の幅を広げています。

そのことについては、様々な意見があると思いますが、ここでは触れません。

プロスポーツ選手のセカンドキャリアというものは非常に難しく、一流と言われた選手であっても引退後は厳しい生活をしている人も数多くいます。

人が真似できないブランド力

自分がハンカチ王子だったらどんなセカンドキャリアを送るかと考えた時に、自分なら「ハンカチ王子」のブランド力を最大限活かし、「ハンカチ会社経営」をしてみたいです。

特に、スポーツ用タオルハンカチなどを手掛ければ、それこそビジネスの世界では青汁王子と戦えるぐらいすごいことになるのではないでしょうか。

ビジネスでハンカチ王子旋風を巻き起こしてほしい

ハンカチ王子は野球界だけでなく社会現象にもなった稀有な存在です。

時代の象徴と言えるでしょう。

そのブランド力、ある種のカリスマ性、ヒーロ性というは他には真似できません。

それであれば思いっきり自身のブランド力を活かしてビジネスをしてみたら・・・すごいことになりそうです。

家庭用品「エリエール」で有名な大王製紙株式会社や青汁王子とのビジネスコラボなど夢が広がります。

ビジネス界でハンカチ王子旋風を巻き起こすことはできるのではないでしょうか?

・・・もちろん、ハンカチの品質が一番ですよ!

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5