先進事例

食品ロス削減マッチングサイトの運用(兵庫県姫路市)

背景

  • 国内では年間600万以上の廃棄が出ている現状がある。
  • 廃棄処分するにも費用がかかる。

事例の概要(実施主体:市、民間)

消費期限の近い食品について「売り手(市内の事業者)」と「買い手(消費者)」を結ぶマッチングサイト「Utteco Katteco(売ってこ 買ってこ)」の運用開始。

開発者:市と「G-Place」(京都府長岡京市:システム開発会社)の共同開発

事業費:1000万円(G-Place:900万円、市:100万円)

事業内容:「売り手(市内の事業者)」は消費期限や賞味期限の近い商品を安価で出品。

「買い手(消費者)」は写真や説明を見て予約し、店頭で購入。

市のホームページや公式アプリから登録すれば利用でき、出品・購入の手数料は不要。

出品は市内業者限定。購入は市外在住者も可能。

効果

  • 十数店(パン店や青果店など)が出品、3000人以上が利用者登録
  • 年40トンの食品ロス削減が目標
  • 「消費者は安く購入できる」「売り手は収入確保」「自治体は焼却ゴミの減」の3者にメリット

姫路市の概要

場所:兵庫県西部

人口:約526,000人(R4.2)

面積: 534.4 km²

(参考)姫路市

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5