行政

受益者負担をわかりやすく解説

受益者負担とは?

公共サービスの整備や改良により利益を受ける人から

強制的に課徴する負担金のことです。

負担金は、公共サービスの整備や改良に要する経費として、

一部、充当されます。

公権力に基づき、私人に金銭の給付義務を負わせるもので、

法令の根拠を必要とします。

性格

強制的に課徴される点では租税負担に似ていますが、

違いについては以下のとおりです。

性格
租税負担公共一般の利益が及ぶことを前提。原則は負担能力に応じて課す。
受益者負担特別の利益が前提。受益の程度に応じて課す。

メリット・デメリット

受益者負担のメリット・デメリットについては、

以下のとおりです。

メリット・適切な運用で事業資金の財源が増加し、多くの公共サービスの提供が可能。
・事業費への充当状況をチェックすることで投資効果を高める。
デメリット・受益の程度等の確定が難しい。
・負担能力があるところに公共事業が配分されやすい。

具体例

  • 公道への下水道整備事業:土地所有者が面積に応じて負担
  • 体育センターの維持管理事業:利用者が使用料を負担

など

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5