コラム

南城市ってどんなまち?住んでいるまちの全体像をつかもう!

南城市の概要

場所:沖縄本島南部

人口:約45,500人 (R3.10現在)

面積:49.94㎢

交通:那覇空港から車で約25分(市街地へのアクセス)

南城市の財政状況

主な財政指標

債務残高219億円(2018年)
基金残高100億円(2018年)
経常収支比率86.5%(2018年)
人件費率10.7%(2018年)
扶助費率23.3%(2018年)

※債務残高:借金、基金残高:貯金、経常収支比率:家庭で言うところエンゲル係数

経常収支比率86.5%は、良好な数値です。

経常収支比率が比較的健全な範囲に抑えられていれば、

政策的に新規事業にもいくらかの投資が可能です。

人件費率はかなり低い水準と言えます。

経営体としては、かなり努力をしているのが南城市と言えるでしょう。

歳入歳出決算(2018年)


【歳入】
268億円

【歳出】
253億円

自治体の会計は、単年度であるため、単年度の歳入歳出額を見る必要があります。

予算規模としては、人口から言えば、これぐらいが適切です。

合併自治体でこれぐらいの予算規模で抑えれているのは、かなりの優良自治体です。

貸借対照表(2019年)


【資産の部】
1371億円
 【負債の部】
224億円

 【純資産】
1147億円

自治体の財政状況を正確に掴むためには、バランスシートを見る必要があります。

バランスシートを見ると、負債は少なく、純資産が多いことがわかります。

バランスシートからも、健全と言うことができます。

南城市の特徴

  • 2006年1月1に佐敷町、知念村、玉城村、大里村が対等合併して現在の南城市が誕生。
  • 世界遺産である斎場御嶽(せーふぁーうたき)がある。
  • 観光スポットとして、ニライカナイ橋がある。
  • 琉球神話聖地である久高島がある。
  • 主要産業としては、観光系産業よりも建設業の方が割合が高い。
  • 高温・多湿で年間降水量が多い。
  • 南城市を地図で見るとハートの地形をしている。

参考

南城市

南城市観光協会

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5