法律

職権進行主義をわかりやすく解説

職権進行主義とは?

訴えにより開始された訴訟手続の進行の主導権を

裁判所に認める建前のことです。

審理の充実・促進の要請を満たすために、

裁判所に審理の進行や整理の役割を与えて、

審理を適切に進めることが「職権進行主義」の目的となっています。

話はそれますが、民事訴訟の学習をしていると

「建前」という言い回しをよく目にします。

「理念」や「方針」と同じような意味で使われています。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5