行政

天神ビッグバンをわかりやすく解説

天神ビッグバンとは?

国家戦略特区の規制緩和等により、福岡市において、

天神交差点から半径約500m(約80ha)を天神ビッグバンエリアとし、

新たな空間と雇用を創出するプロジェクトのことです。

福岡市をアジアの拠点都市としての役割・機能を高めようとする取組みで、

その拠点の一つに天神地区を位置付けています。

天神ビッグバン4つの柱

  • 新たな雇用の創出
  • ビルの建替え誘導
  • 快適な公共空間の創出
  • 公共交通の充実と一般車両の乗り入れ抑制

この中でも2点目「ビルの建替え誘導」が目玉で、国家戦略特区により

  1. 航空法高さ制限の特例承認
  2. 福岡市独自の容積率緩和制度

などを組み合わせ、再開発が進み、現在更なる魅力的なまちづくりが進んでいます。

天神ビッグバンの目標値

2015年〜2024年までの10年間で30棟のビルの建替え誘導し、新たな空間と雇用創出をする。

福岡市が試算する建替えによる効果については、以下のとおりです。

  • 延床面積:約1.7倍
  • 雇用者数:約2.4倍
  • 建設投資効果:2900億円
  • 経済波及効果:年間8500億円

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5