先進事例

鉄とコンクリートの守り人(全国)

背景

  • 公共インフラであるマンホールが全国で300万基ほど老朽化している現状
  • マンホールの法定耐用年数は車道部で15年というインフラの中でも短命
  • 自然災害発生時に老朽化したマンホールによる事故が多発

事例の概要

市民参画型アプリケーション「鉄とコンクリートの守り人」による水インフラのデジタル情報基盤構築。

具体的には以下のフローでプロジェクトが行われます。

  1. マンホール(鉄蓋)の情報収集を市民参画型実施
  2. 収集されたデータをブロックチェーンで分析
  3. マンホールの交換時期の予測
  4. 水インフラのデジタル情報基盤構築

【運営/開発会社】

Whole Earth Foundation(NPO)

日本鋳鉄管株式会社(東証一部上場会社)

効果

  • 公共インフラの維持管理
  • 公費をかけずに社会課題の解決
  • 多くの人が社会課題に関わることが可能
  • 災害被害の未然防止

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5