先進事例

ゼンリンとの包括協定(長崎県長崎市)

背景

  • 地域課題の解決に地図情報活用の必要性
  • 庁内のデジタル化推進の必要性

事例の概要

株式会社ゼンリンと長崎市が包括連携協定を締結。

両者は協定に基づき、以下の5点で連携します。

  1. 安全・安心な暮らしの実現
  2. 教育環境の充実
  3. 交流人口の拡大
  4. 快適な移動環境の実現
  5. デジタル化の推進

具体的な取組みとして、

  • 防災・減災マップの作成・検討推進
  • 次世代交通サービス「Maas(マース)」の導入に向けた実証実験
  • スマートフォンのアプリを通じた観光名所の周遊ルートの案内
  • 庁内地図データのデジタル化

などがあります。

効果

  • 市民サービス向上
  • 交流人口の拡大
  • 官民連携の促進
  • 新規事業の創出
  • 庁内のデジタル化

長崎市の概要

場所:長崎県西部、九州北西部

人口:約403,000人(R4.1現在)

面積:405.86km²

(参考)長崎市

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5