コラム

今注目のアドボケイトとは?児童福祉の現場で必要な「心の声の代弁者」

今、児童福祉の現場では、「アドボカシー」「アドボケイト」が注目をされています。

「アドボカシー」とは、簡単に言うと「他者の声を代弁すること」です。

「アドボケイト」とは、「他者の声を代弁する人」のことを指します。

この「アドボカシー」「アドボケイト」といった考え方は、児童福祉に限らず、福祉全般、社会的弱者と関わる分野全てで必要とされる考え方です。

ここでは、特に児童福祉について述べたいと思います。

まず、なぜ「アドボカシー」「アドボケイト」が必要なのか?ということです。

日本国内では、これまで「子ども」は権利の主体ではなく、保護の対象と捉えられてきました。

しかし、それはあまり良いことではないということで、このところ「アドボカシー」「アドボケイト」が注目されるようになりました。

その背景には、児童虐待・子どもの貧困に関する問題が、社会全体で認識されてきていることが挙げられます。

児童虐待・子どもの貧困問題は、ほとんどが社会と社会を構成する大人の問題で、子どもは大人に振り回されます。

社会を構成する一人の人として、権利の主体として尊重するためにも、この「アドボカシー」「アドボケイト」は必要なのです。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5