コラム

日本政府にお金はあるのか?ないのか?〜一般会計と特別会計の話〜

政府の一般会計と特別会計

「母屋(一般会計)でおかゆをすすっている時に、離れ(特別会計)ですき焼きを食べている」

政府の一般会計は、やれ借金は1000兆円を超えた、お金がない、

との議論になり、窮屈な財政運営になっており、

一方、実質審議がほとんどされない特別会計には、

眠っているお金がかなりあると言うことを例えた表現です。

元財務相の塩爺こと塩川正十郎さんが用いた例えです。

令和2年度予算で言えば、一般会計は約100兆円の予算があるのに対して、

特別会計は約400兆円の予算があります。

実質、一般会計とのやり取り等のお金を差し引いても約200兆円と

一般会計予算の約2倍の予算が組まれていることになります。

一般会計と特別会計のやり繰りなど非常に複雑で実態については、

専門家でも理解が難しいと言われています。

特別会計は13ある!

特別会計は13あり、以下の通りです。

  1. 交付税及び譲与税配付金特別会計
  2. 地震再保険特別会計
  3. 国債整理基金特別会計
  4. 外国為替資金特別会計
  5. 財政投融資特別会計
  6. エネルギー対策特別会計
  7. 労働保険特別会計
  8. 年金特別会計
  9. 食料安定供給特別会計
  10. 国有林野事業債務管理特別会計
  11. 特許特別会計
  12. 自動車安全特別会計
  13. 東日本大震災復興特別会計

政府の懐事情の実態を掴むには、各特別会計の実態を把握する必要もありそうですね。

政府にはお金があるのか?ないのか?

こういった話になった時に

  • 赤字国債発行し過ぎ、バラマキ行政
  • 政府日銀の連合軍、お金はすればいい

の二つの派閥に分かれます。

現在の政府の方針としては、後者の「政府日銀の連合軍、お金はすればいい

派のように見えます。

実際に、赤字国債をバンバン発行していますし。

個人的にはどちらも正しいのでは?と思います。

国民から税金を徴収した上で成立している国家でもあるので、

そういう意味ではバラマキは是正した方がいいと思います。

とはいえ、政府日銀の連合軍という面はあるので、

借金問題もあまり悲観しなくてもいいように思います。

結論としては、政府にはお金はある(作れる)、そしてない(バラマキは良くない)

というのが、ここでの結論です。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5