用語

PREP法がわかる!できるビジネスマンが知っている思考術を解説

PREP法とは?

PREP法とは?

ビジネスで用いられる文章構成方法のことです。

  1. Point(結論)
  2. Reason(理由)
  3. Example(具体例)
  4. Point(結論)

の頭文字をとって、「PREP法」といわれています。

PREP法を用いる理由

PREP法を用いる理由としては、以下のとおりです。

  • 最初に結論を言った方が、聞き手は頭に入りやすい
  • 簡潔にまとめられるため、効率が良い
  • 説明する側の整理する機会にもなり、理解が深まる

PREP法の具体例

PREP法の具体例を挙げてみます。

例題に、なか卯チーズ親子丼をあげることとします。

  1. (結論)なか卯ではチーズ親子丼を注文すべき!
  2. (理由)絶品の親子丼にチーズがのせられていて相性抜群!一度食べたらやみつきになる!
  3. (具体例)チーズ親子丼が提供されたら、①まずは「絶品の親子丼」部分を食べる②次に「チーズ」とあわせて食べる③半分食べたら「ブラックペッパー」などで味変してみる
  4. (結論)絶品親子丼だけでなく、チーズが加わり、この上ないうまさ!なか卯のチーズ親子丼はコスパ最強!

結論

「PREP法」を意識して書くことで、書き手の思考は整理され、読み手にとって読みやすい文章になります。

ぜひ「PREP法」を使ってみることをオススメします。

↑とこの記事も「PREP法」を使ってみていますので、ご参考までに。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5