コラム

総理大臣を「やってみたい!」という人は、なぜいないのか?

はっきりしない候補者たち

最近では、自民党総裁選により一国の総理大臣が決まることが多くあります。

自民党総裁選をはじめとする「総理大臣を決める」選挙について、みていて疑問に思うことがあります。

それは、不思議といずれの候補者も「自分が総理大臣をやりたい!」と明言しないことです。

「周りが言うから立候補する。」「そういう状況になれば・・・」などと言う人達ばかりです。

はっきりしない原因は?

それにしてもなぜ「やってみたい!」という人はいないのでしょうか?

これも日本的組織の病とも言えるかもしれません。

一つ目の理由は、そもそも「はっきりしない人が評価され、偉くなっている」ことが考えられます。

日本では組織の中で評価されるのがいわゆる調整型の人間で、敵を作らない、当たり障りのない人が評価されます。

そのため、総理大臣の候補者と言われるぐらいの人たちは、「調整」して世の中を渡り歩いてきたのでしょう。

二つ目の理由は、「失敗をおそれている」ことが考えられます。

仮に総理大臣になれなかった時に、自分から手をあげて、ダメだった時は、言い訳がしにくいでしょう。

だから、自分から率先して、手をあげないのかもしれません。

素直な人に任せたい!

一国の総理大臣です。

素直に「やってみたい!」と言える人はいないのでしょうか?

自分なら、素直に「総理大臣をやってみたい!」という人を応援したいし、投票します。

組織を調整する人間は必要ありません。

やる気に満ちあふれ、挑戦したい!という気持ちのある、素直な人に、国の行く末を任せてみたいと思うのは、私だけでしょうか?

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5